掃除をしよう!キレイな部屋には運気が宿ります!
斎藤一人さんも言っています♪(ツキを呼ぶ掃除力

部屋がキレイだと生活が楽しくなるし、健康状態も良くなりますからね。

大掃除は一気にやりますか?それともコツコツやりますか?
私は少しずつコツコツとやっています。
今はいろんなサービスやアイテムがあって面白いですよね。

掃除が簡単で楽しくなるような情報をアップしていきます!
業者さんに頼んだ方がいい時もあるので、思い切って外注もしてみましょう。

お掃除サービスやアイテムなど

book-station

不用品買取

・本、DVD、CD、ゲーム、コミックの買取
出張費無料でほぼ全国に対応
送料、手数料は無料
・リピーターはさらにお得

テキストポン

不用品買取

・大学、大学院、短大、専門学校の専門書等の教科書
書込みやマーカーのある教科書でも買取可能
・5冊以上は送料無料
・ISBNコードがあれば相談可能

バイセル

不用品買取

・業界No.1のシェア
・ブランド品、着物、切手、古銭、洋酒など
出張買取無料
その場で現金。アフターフォローの体制も充実。

おそうじ革命

掃除業者

・個人宅から事業所まで
・アレルギー体質、妊婦の方のサポート
・単品はもちろん、お得なセットメニュー
・ほぼ全国に対応

大掃除とは

大掃除とは、12月28日前後の年末に通常行う掃除よりもはるかに大掛かりな掃除を行うこと!

年末になってくると大掃除をしないと・・・と焦ってきます(私だけかもしれませんが)。
家の中も掃除しなきゃムードが漂ってきますし。

プレッシャーがかかります(汗)

でも、大掃除は大切な行事です。
一年間で汚れてしまったリビング、居間、台所、トイレ、お風呂、廊下、縁側、庭など綺麗にして年始を迎えたいです。

気持ちの良い年度末、ピカピカの新年。
大掃除をすると運気が上がると勝手に信じています!

ところで、そもそも大掃除とは何なのでしょうか?
定義はあるんでしょうか。

一般的な大掃除の概念としては、12月28日前後の年末に、通常行う掃除よりもはるかに大掛かりな掃除を行うこと。

・・・だそうです。

さっき、運気が上がると書きましたが、歳神を迎えるための準備という意味もあるのだそうです。
単に気持ちがいいだけではなさそうですね。

イベントよりもう少し格式が高い「一種の儀式」と言えるかもしれません。
学校で夏休み、冬休み、春休みに入る前の掃除も大掃除と言われることもあるようです。

大掃除の歴史(雑学知識として)

ついでに大掃除の歴史について調べてみました。

どの家庭でも大掃除が行われるというのは、日本における伝統行事のひとつに近いからかもしれませんね。

でもいつから「大掃除」という行事を一般家庭の人たちが普通にするようになったのか。
少なくとも私が物心をついた時には大掃除は一年の恒例行事になっていました。

大掃除の起源は「煤(すす)払い」
日本古来の年中行事・・・というかテレビで年末に風景を見ます。だと言われています。

これも、意味としては大掃除と同じですが、
時期が12月13日に行う事が通例だったようです。

理由です。
雑学知識としてご参考に(諸説あると思うのですが)

徒弟奉公などにより里を離れている人々が、新年に間に合うように里帰りの時間を考慮して12月13日に行う。
当時は電車や車はなく、一般人の移動手段は徒歩だったための配慮が必要でした。
と考えると納得できますね。

だんだんと交通機関が発達してきて、里帰りが数日、近年では数時間でできる時代になりました。
そうすると大掃除の日にちは12月28日前後に行うということで周知されていったのでしょう。

大掃除の起源である煤払いは、現在においても寺社仏閣などの一部の場所で実施されています。
「煤払い」ですが、やっていることは大々的な大掃除と同じです。

江戸ちえ【電子書籍】[ 西田知己 ]

江戸時代ごろの煤払いは、商家において特に名物的なものだったようです。
そして、煤払いが終わると胴上げをしていたという記録も。
お祭りのような感じだったのでしょう。

掃除をしない老人、子供、病人の方は、掃除の邪魔にならないように外出する。
もしくは掃除を行わない部屋に退避していたそうです。
埃を吸い込まないための配慮だったんでしょうね。
これは現代における大掃除でも同じですね。